固定費削減編:格安SIMに乗り換える【看護師の資産運用】

今回は、固定費削減に絶大な効果を発揮する「格安SIM」についてご紹介します。

固定費は毎月かかってくる費用なので、ここをしっかり意識することが「資産運用」にも大きく影響してきます。

給料をあげることは大変ですが、固定費を削減することは自分でできるのでとても簡単です。

その中で絶大な効果があるのが、スマホを「格安SIM」に変えることです。

大手キャリアを利用している方、スマホ代が何千円もかかっている方は是非参考にしてみてください。

月に3,000円安くなれば、1年で36,000円、10年で36万円ですからバカになりませんよ。

資産運用で毎月3,000円を増やすのは大変ですが、ちょっとした作業で永久に資産を増やせるので、ある意味とても効率的な資産運用でもあります。

スポンサードサーチ

図解で説明!格安SIMのメリット

「格安SIM」って聞いたことあるけど、

「なんかよくわからない」「めんどくさい」「怪しい・・・」

などなど、理解していないと手がつけにくいですよね。

格安SIMとは?

ここで、SIMについてまとめてみますと・・・

格安SIMとは?

スマホには「SIMカード」といる通話やインターネット接続に必要な小さいカードが入っています。

「SIM」カードは様々な会社から発行され、一般的にはドコモ、au、ソフトバンクといった「大手3大キャリア」から発行され、各社の回線が利用できる仕組みです。

「格安SIM」はその格安版です。

大手キャリアではなく、「MVNO(仮想移動体通信事業者)」と呼ばれる事業者が提供しています。

なぜ”格安”であるかというと、自社で通信回線をもたずに、大手キャリアの回線を借りてサービスを提供しているからです。

そのため、設備費などのコストカットにより、安くサービスを提供できるのです。

なぜ、ライバルのようにみえる会社に大手キャリアが回線を貸しているかというと、大手キャリアとしても余っている通信回線を格安SIM事業者へ割振れるので「Win-Win」の関係が築けているようです。(余っている通信回線なので、通信速度が遅くなってあたりまえですね)

私も長年ドコモで契約していて、携帯といったら3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)という世代でしたので格安SIMの存在を知っても移行できていませんでいた。

しかし、現在は格安SIMを利用している方は多くなってきましたり、なにより値段の安さから一度変えてしまうと戻れません。

手続きも番号ポータビリティーなどのおかげで、とても簡単ですし、もちろんLINEなどの情報がなくなるわけではありませんし(現在使用のスマホがそのまま使えます)、めんどくささに比べられないくらいのメリットがあります。

とにかく安い

タ格安SIMのメリット

なによりも最大のメリットはこの「安さ」です。(もちろんプランによって違いはありますが)

ほぼこれだけです。(以前は「2年縛りがない」ことも大きなメリットでしたが、2019年9月から大手キャリアも2年縛りの軽減を実施しています)

ただ、これだけでも十分ですよね。

イメージがしやすいように、以下に「リベラルアーツ大学」というサイトで無料に公開している(掲載許可もあります)わかりやすい図がありますので、参考にしてみてください。(見えにくい場合は図をクリックして拡大してください。)

すごく簡単に、ポイントを押さえてまとめてくれています。

違約金を考えるくらいならすぐにでも格安SIMに変えるべきという点は説得力もありますよね。

私は更新月から程遠かったので、すぐに変えました。

そして、ほとんどの「格安SIM」はこの2年縛りがありません!とても自由度が高くていいですよね。

 

デメリット

値段が安いので、もちろんデメリットもあります。

ですが、以外にそれほどのことでもないので、簡単に説明していきます。

通信速度が遅い?

「格安SIMは通信速度が遅い」

おそらくこれが、最も気になるところではないでしょうか?

確かに、時間帯によっては通信速度が大手キャリアに比べると遅くなっています。(大手キャリアの回線を借りているので当たり前ですが)

しかし、私が利用している「楽天モバイル」は、最低の通信速度もある程度保証されていますし、最も遅い昼の時間帯でも、ネットサーフィンはもちろん、youtubeをみるくらいは支障なくできています。

もちろん、大容量の動画をみるには適していませんが、そのような時はWifi利用下で行えるのであれば全く問題ありません。

利用方法によっては、通信速度の低下はほとんど支障ないですので、ご自分の利用状況を考えると大半の方は問題にならないと思います。

電話代が割高

大手キャリアに比べると通話時間あたりの利用料金が割高になっています。

しかし、現在は「LINE」アプリでの電話で、そもそも通話料をかけていない方も多いですし、「格安SIM」にも「10分間通話料無料」のオプションがついているなど、よほど長電話をしない方であれば問題にならないと思います。

私は「楽天モバイル」ですので、「10分間通話量無料」がオプションでついていますので、むしろ通話料はかかっていません。(大手キャリアのときより安いです)

通信容量が多いプランはそもそも安くない

いくら格安SIMにしても、大容量のプランでは、大手キャリアと価格があまり変わらないことがあります。

相談窓口がない?

なにかあったときに店舗が多いことは安心感につながりますよね。

「格安SIM」は店舗が少ないことは確かです。

ただ、ネット上や電話では無料で対応してくれますし、「マイネオ」や「楽天モバイル」は店舗も構えています。

「マイネオ」は田舎には店舗が少ないですが、「楽天モバイル」は田舎でもツタヤのなかにコーナーが併設されているなど、少し前より実店舗も増えてきています。

ただ、店舗があっても、ネットで契約、その後は設定変更したければネットでできるので、私は実店舗を使おうとしたことはありません。

ですので、周りに店舗がなくても別に気にしなくていいと思います。

スポンサードサーチ

おすすめ:楽天モバイル

格安SIMの有名なところでは、「ワイモバイル」「マイネオ」「UQmobile」「LINEモバイル」などあり、それ以外にも何社あるかわからないくらい参入してきています。

そんななか、私がいろいろ調べて実際に利用開始したのは「マイネオ」で、現在は「楽天モバイル」を使用しています。

もちろん自分にとっても最もメリットがあると判断したので「楽天モバイル」にしたのですが、実体験として簡単にご紹介します。

*地元の店舗(ツタヤや総合ファッションビルなどにも入っています」)

楽天モバイルのホームページをみるとすぐに料金表が出てきますので、いかに「格安」であるかがわかるとおもいます。

基本的なデータプランを以下に示します

スーパーホーダイの場合

https://mobile.rakuten.co.jp/

私は「プランS」を利用し、楽天のダイヤモンド会員ですので、1年目は「月額980円」という、信じられない料金で利用できています。

楽天モバイルの格安SIMの他社にはない、大きなメリットは通信容量を使い切っても、最大1Nbpsの通信速度で利用できるところです。(私はプランSですが、容量を超えても心配しないのはこのためです)

ほかのキャリアでは200〜300Kbpsが多いのでかなり速いです。

メールは当然、ネットをみることも、アプリも、長さによっては動画もストレスなく使用できます。

また、大手キャリアほどではありませんが、上の写真のように、地方にも実店舗が多いので、初心者で店員に相談しながら契約したい方にもおすすめです。

もちろん、楽天会員への割引が大きいので、ダイヤモンド会員でなくても、楽天会員になっていることをおすすめします。

興味がある方は「楽天モバイル」のサイトで確認・申し込みできますので、参考にしてください。

おまけ:スマホ代を0円にする方法

先ほどご紹介した「リベラルアーツ大学」というサイトから面白い考え方、図をみつけたのでこれも紹介します。(掲載許可はあります)

楽天モバイルにして、スマホ代を0円にする方法例です。(見えにくい場合は図をクリックして拡大してください。)

参考になるお得術ですよね。

私もポイントで支払いしているので、毎月のスマホ代は0円になっています。

スポンサードサーチ

おまけ②:スマホ代削減だけで行える資産運用効果

さらにおまけですが、仮に安くなった固定費を無駄な支出にしてしまったら資産は増えません。

固定費で削減されたぶんをそのまま「資産運用」に回せると、経済的自由の近道になります。

仮に3,000円のスマホ代が浮いて、3,000円で毎月投資信託を購入して5%で運用したら30年後はどうなるでしょうか?

以下に楽天証券の積立かんたんシュミレーションで試算してみます。

すさまじいパワーですよね。

運用で150万程度の利益予想で、最終積立額が250万程度まで見込めています。

これだけでも、固定費を削減して、資産運用に活用することのメリットが理解いただけると思います。

まとめ

今回は「資産運用」の一貫として、「固定費削減:格安SIM」についてご紹介しました。

誰でも簡単に固定費削減できる方法ですので、実践していない方はまず取り組むべき内容かと思います。

おすすめの「楽天モバイル」や資産運用例ものせていますが、まずは「格安SIM」に興味をもって、自分にあった会社やプランを考えていただけるといいと思います

少しでも参考になれば幸いです。